伊木ヒロシ無料オンライン講座 Happy Life奇跡の7日間はこちらです。

介護で覚えたことや介護の情報を発信して行きます!

  • 2019.01.15
  • 2019.01.31
  • 介護
介護で覚えたことや介護の情報を発信して行きます!

自己紹介

はじめまして
「muramasaと申します」
僕は介護の仕事を10年以上している介護福祉士です。

avatar

muramasa

年頭から、
40歳を機に今年こそは何か新しいことを
始めたいと一念発起しました。

僕が持っている情報が
「誰かの何かの」為になるならと思いまして、
これから介護や福祉に関するブログをスタートさせて頂きます。

僕なりに
皆さんのお役に立てればと介護で覚えたことや介護の情報の発信をして行きたいと思います。

題して「MM介護日誌」です。

どうぞよろしくお願いします。

2025年問題

それではまず始めに。

今、介護の世界で危機があるとすれば直近の
2025年です。

これを通称2025年問題と呼ばれています。

2025年に何が起こるのか

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に達する為、
これまで国を支えてくれていた方々が給付を受ける側に回ることで少子高齢化の我が国で介護、医療費などの社会保障等の増加で、この給付にどう取り組むのか?
またこれを踏まえその他の課題も大きな問題になるのではないかと言われております。

⑴介護職員が約40万人不足

⑵後期高齢者の数が約2179万人
人口の約18%

65歳以上の高齢者が約3667万人
人口の30.3%

⑶認知症患者の増加
450万人以上とも言われております。

⑷病院と医師の不足

これらの課題があります。

社会的課題

国の財源を心配する方が多いと思いますが、
もう少し身近なところのお話しますと、
「老々介護」という言葉があります。
お互い高齢になった夫婦が介護しあうことです。
しかし、それだけではなく
今まで聞いたことのない言葉で、
認知症になったもの同士が介護しあう
「認認介護」という言葉も最近では
聞かれるようになりました。

また、独居世帯も増えておりますので、
独居老人の孤独死もあります。

このように課題は山積しております。

なんとか解決の糸口が見つかればと思います。

こういった介護の事や
介護の中で起こっていることの情報などを
発信出来ればいいなぁと思っております。




どうぞこれから、
よろしくお願い致します。

介護カテゴリの最新記事