気軽に介護の転職相談したいなら僕も利用している介護の転職サイト【カイゴプラットフォーム】はコチラをクリック!

今、頑張ることで将来は報われているかもしれない?!

今、頑張ることで将来は報われているかもしれない?!

ネットの世界では、一流の人から習えば必ず成功すると言われています。

でも、色々な人がネットで存在していますよね。なので誰が一流の人かを判断することって難しいですよね?

なので、抑えるポイントを紹介します。

10年以上経歴のある人。
自分が聞いていて楽しい人。

このポイントを抑えて探してみてください。

このように介護の世界でもしっかりと一流から学べばケアの質は上がると思うんですが…

介護の難しいところは100人いたら100通りの生活をサポートするので万人への正解は無いんでしょうね。

最近は本当に人手が足りないので残業、残業の毎日です。夜勤明けからの残業は流石に体に応える年齢になりました。

「残業が増えると給料も増えるからいいね」と心ない言葉に顔を引きつらせる日々です。


働く人の人間性も関係するのでしょうが「こうした現場の環境がニュースを騒がせるほどの高齢者の権利擁護を歪める引き金になっていないかもう一度、この際ですので有識者の方々にも考えてもらいたい」と現場からの声です。


では、今回のMM介護日誌です。



アラを探す職員は現場で生まれる

こないだある方の「他者を批判したがる人の話し」を聴いたのですがその意味がなんとなく分かったので書いてみます。

40歳にもなれば、このような残業ばかりの職場環境でも「やってあたりまえ」「やれてあたりまえ」になります。

同じ環境でも20代前半であれば、周りが「大変だね」「頑張っているね」と過大評価してくれます。

この過大評価が落とし穴になるんです。

この過大評価を鵜呑みにしていると、ある年齢まで来ると誰も評価してくれなくなる時が来ます。

そして、誰からも評価されなくなった自分はこんなにもやっているのにと、その怒りの矛先を評価されている他人にぶつけ、それから嫉妬するようになります。
これが俗に言う「アラ探しをする人の誕生」になります。


アラ探しの人の特徴を言いますと、必ず正解を求め他者から認めてもらいたい。と言う人が多いと感じます。

自分がアラを探す人になりたくないと思う方はこれらのポイントを頭に入れておくといいと思われます。

「何事も我流でやってはダメ!」です。
成功したければその道のプロから学ぼう!
常に正解を求めてる人は気をつけよう。

正しい努力は報われる?


avatar

えむ子さん

昔、働いていた施設のホームページを見ていたら「理事長」の名前が私が働いていたときの上司だったんですよ

人生は何があるかわかりませんね。当然報われて正解なのですがその逆もあります。私もそうですが、だから正しい努力を皆さんにもしてもらいたいと思います。

avatar

フクロウ博士

自分をゼロから作り変える


avatar

えむ子さん

最近、何か私うまくいかないことばかりなんですよ。

自分を作ったものは、自分が今まで信じて来たものです。何かうまくいかないと思っているのでしたら、自分が信じているものが間違っているのかもしれませんね。

avatar

フクロウ博士

今、仕事でもし現状に不満があるのなら立ち止まって考えてみませんか?
「新しい考えが出てくるかもしれません」

新人育成


avatar

えむ子さん

こないだ、新人さんが食事介助をしていて、休憩時間が来たので交代したんですけど…お茶碗の持つところ全てにペーストのご飯が付いちゃって持てなくて困っちゃいました。

新人さんは、ベテランさんには考えつかないようなことをしますので、先輩職員も自分が新人だった頃を思い出して温かく見守ってあげてください。怒るだけが育成ではありません。

avatar

フクロウ博士

新人育成おまけ


avatar

えむ子さん

証拠の写真です。


今は動画や写真で企業のコンプライアンスが揺らいでいますので写真のアップには気をつけましょうね。

avatar

フクロウ博士

本日もお読みいただきありがとうございました!



研修カテゴリの最新記事