伊木ヒロシ無料オンライン講座 Happy Life奇跡の7日間はこちらです。

電車の中吊りには現実味がないけど、僕は現実の腰の痛みに耐えて夜勤中だけど気づいたことがあったんだ

電車の中吊りには現実味がないけど、僕は現実の腰の痛みに耐えて夜勤中だけど気づいたことがあったんだ

阪急電鉄の中づりですが
月収がズレているって話題になってましたね。

ちょっと古い話なんですけどもね。

30万円で楽しい仕事^_^
って…

羨ましいんですけど!


今、夜勤です。

そんな中、
ギックリ腰をやってしまいました…
あたりまえですが誰も助けてくれません。

しかも
認知症のある老人の方なんですが
夜、寝ません。
歩いて転びもします。

転ぶと
骨折してしまうのです。

骨折すると歩けなくなり、
筋力が落ちて寝たきりになってしまいます。

だから、僕が転ばぬ先の杖になるためにも「走って」安全を確保しなければなりません。

腰には激痛が走り涙もでます。

涙の理由はもう一つあって、

こんなにツライ仕事なのに
毎月、手取りで20万円あるかないかです。

それなのに、
責任はいっぱい押しつけられるんです。

命を預かっているんですから。

もうちょい給料貰ってもいいんじゃないかなぁ
って思うんです。

偉い人は言うんです。
「おまえたちの給料は税金が投入されているんだぞ」と・・・

そんなことくらいわかっています。

色々と学ばせて頂き
今では、仕事は日々感謝を持って行っております。

では、

結論には早いんですが・・・

こういうことを言いたかったんです。

介護のお仕事は
「手取り20万では辛くて 毎日、生き甲斐のない生活を送っています」

50万なんて
夢のまた夢です。

もし毎月、そんなに頂けるなら、
奥さんは専業主婦になり僕の可愛い家族のためにも
大抵の辛さは笑顔で我慢なんていくらでも出来ますよ^_^

「だから、ものすご〜くズレてますよ」

楽しい仕事で月収30万なんてねそれで十分じゃないですか!
阪急電鉄さん。

って言いたかったんです僕!

そしたらずれていたのは僕の方だったんです。

こう考えてみて下さい。

あの中吊りは
僕の年収世帯をターゲットにしていたのではなかったんです。

少数派の高級取り向けに発信されていたんだと考えれば
僕が牙をむくのはおかしかったんです。

この考え方が正解なのか不正解なのかは賛否は別れて当然です。

でも、住む世界によって解釈って変わりませんか?

今の世の中、
中学生がネットで稼いでいる時代です。

これは知っているか知らないかの違いだけであって

ほぼ事実です。


夜な夜な腰痛に泣きながら仕事をする中年の僕がいるなか、
部屋でぬくぬくと楽く~に同額のお金を生み出している若者がいるのです。

なにが言いたいですかと言われたらこれだけです。

情報があれば中学生でも稼げる。
「情報を持っているか持っていないかで人生がこんなにも変わるんです」

しかしながら、
僕は情報を持っていない人間です。

サロンに入って様々な情報を得るのですが本物にはまだ出会っていません。

それだけ情報が飽和していて、
ほとんどの情報がゴミだからです。

上手に取捨選択して
必要な情報だけを手に入れた人が勝者なんですね。

最近では
辞めたい病が始まってしまいました。

施設長の考え方に同意出来ないからです。

未だに根性論で

職員は逃げ場がなく精神を病んで退職です。

福祉の仕事に従事する施設長「あるある」ですが
入所者には優しいのに職員へは陰湿なイジメをする人がたまにいるんですね。

情けないことですが
僕も生活があるから辞めれません。

完全に負のスパイラルですね・・・

ネットで稼げたら自分と相性のいい施設に転職して
自分の個性を発揮します。

もう、中年だけど(;^_^A

介護職のみなさーん副業は転ばぬ先の杖ですよ!

ではこのへんで

今回もお読み頂きありがとうございました。

弥栄カテゴリの最新記事